FX口座開設して複利運用したい
取引システムの違いが複利運用効率に差を生む
TOP>FX複利運用したい>スワップ金利が支払いになりにくい通貨ペアとは 
 サイトマップ

スワップ金利が支払いになりにくい通貨ペアとは

FX複利運用する場合、スワップ金利が支払いになりにくい通貨ペアを選ぶ必要があります。もちろん100%支払いにならない通貨ペアはありません。


FX口座によって複利運用に差がつく
複利運用のためのFX口座
複利運用基礎講義
FX複利運用したい
FXを覚えたい
破綻しにくいFX業者の条件
複利運用FX口座の条件
FX口座開設したい
免責:FXのリスク認識

支払いになりにくい通貨ペアは

  1. 政策金利に大きな差がある
  2. 通貨ペアの国の景気
  3. 金利政策の傾向

1.政策金利に大きな差がある

 スワップ金利は2国間の金利差の調整額です。
 よって、2国の政策金利に差があれば、スワップ金利が高くなります。
 このような高スワップ金利の通貨ペアでは、金利に差が大きく開いているのでその差が縮まることはなかなかありません。

2.通貨ペアの国の景気

 通貨ペアの国の景気によって金利が決まりますので、景気動向を調べておくことが必要です。
 景気の良い国の通貨と景気の悪い国の通貨のペアは、スワップ金利が高くなりやすいといえます。

3.金利政策の傾向

 その国によって金利政策の傾向があります。
 アメリカは、金利の変動が大きい国です。よって長期間スワップ金利投資する通貨ではありません。
 ヨーロッパは、インフレに対応するための金利政策が多いようです。インフレ率が高ければ高金利を維持するでしょう。
 新興国では外国資本を呼び込むために金利を高くする傾向もみられます。
 日本は、円安歓迎の経済なので、金利を低くしておく傾向があります。

スワップ金利複利運用するなら、どの通貨ペアがおすすめか

 われわれ日本人が投資するなら、○○/円の通貨ペアを選択しましょう。

 そのほかに、円と絡まない通貨ペアを選択してもいいですが、これは通貨分散目的となり、選択ポイントが変わってきます。通貨分散は別のページで取り上げます。

 ○○/円の通貨ペアは、日本人にとっては必須です。円資産に対する外貨資産になるからです。
 また「円」は低金利の通貨です。先進国でもっとも低い金利です。これからもずっと低い可能性が高いです。
 日本の経済がよくなる可能性が低いからです。

 また貿易経済なので円安にしておけば景気がよくなります。そのためにも金利は低くしておく可能性が高いです。

 ①ユーロ/円
 インフレ率がポイント。インフレ率が下がってきたため金利を下げています。そのためそれほどスワップ金利は高くありません。

 ②豪ドル/円・ニュージーランドドル/円
 オセアニア通貨は高金利で有名でした。最近は不景気で金利を下げています。それでも世界の先進国中では高金利に入ります。

 ③南アフリカランド/円
 新興国通貨。世界的不況でも10%くらいの金利を維持している高金利通貨です。スワップ派には人気です。

 ④英ポンド/円
 現在は不況で低金利。景気が良くなればスワップ金利も期待できます。

 基本的には、2009年3月現在では②③を中心に運用することになるでしょう。

 ここまでは、スワップ金利による複利運用を考えてみました。
 次のページでは、為替差益による複利運用を考えてみたいと思います。
 ⇒ 為替差益で複利運用するには

 FX複利運用したい
  1. スワップ金利で複利運用するには
  2. 通貨ペアによって複利効果に違いがある
  3. スワップ金利が支払いになりにくい通貨ペアとは
  4. 為替差益で複利運用するには

Copyright (C) 2009 FX口座開設して複利運用したい, All rights reserved.