FX口座開設して複利運用したい
取引システムの違いが複利運用効率に差を生む
TOP>複利運用FX口座の条件>複利FX口座:税金はどうなっているか 
 サイトマップ

複利FX口座:税金はどうなっているか

 FX業者によって、スワップ金利、為替差損益の決済方法が違います。税金は決済されるまでその利益にかかることはありません。

 また取引所取引の業者、いわゆる「くりっく365」業者であるかによっても違っています。くりっく365業者の口座では、一律20%の税率になります。
 それ以外の業者(店頭取引業者)は、利益額に応じて累進課税(15~50%)されます。

 現在は、店頭取引もくりっく365も同じ税金になります。申告分離課税、課税率20%です。


FX口座によって複利運用に差がつく
複利運用のためのFX口座
複利運用基礎講義
FX複利運用したい
FXを覚えたい
破綻しにくいFX業者の条件
複利運用FX口座の条件
FX口座開設したい
免責:FXのリスク認識

スワップ金利の決済方法は3つある

 FX口座によって違います。

 ①毎日決済
 毎日自動的にスワップ金利分だけ決済されます。いつでも出金できるし新しいポジションを建てるためにもつかえます。
 税金は、課税対象になります。毎年必ず申告しなしなければなりません。

 ②ポジション決済のときに
 ポジション決済と同時にスワップ金利も利益確定されます。ポジションを決済しなければスワップ金利益で新たなポジションを建てることはできません。もちろん出金することもできません。
 税金は、ポジション決済すれば対象になります。それまではいくら貯まっていても課税されません。

 ③スワップ振り替え機能
 自分の好きな時に、スワップ金利分だけ決済できます。ポジションは未決済のままです。ですので、スワップ金利を決済するまでは、出金することも新規ポジションを建てることもできません。ポジションはそのままで、スワップ金利分だけ決済できるので便利です。
 税金は、スワップ金利を決済するれば、その年の確定申告が必要です。

課税率はどうなるか

 課税率は、一律20%。
 どれだけ稼いでも、20%納税します。

課税対象額   申告分離・課税率 注記 
 1円以上  20% 基本的には1円でも利益
があると確定申告
20万円以下 給与所得者は申告免除。
つまり、0%
地方税は申告必要

 サラリーマンなど給与所得者は、給与所得以外の所得が20万円以下なら、確定申告は免除されています。
 ただし、地方税は、免除されません。申告する必要があります。

どのFX口座が複利運用に向いているのか

 課税の仕方によって使い勝手が変わってきます。

 決済方法 確定申告  使い方
 ①毎日決済 毎年 相場に関係なくいつでも出金できる
 ②ポジション決済 決済した年度 評価益で新規注文できる場合
毎年納税せずに複利運用できる。
それができない場合
複利運用はできません。
 ③スワップ振替機能 振替指示
をした年度
納税時期を自分で決めて運用できる

次⇒FX口座開設したい

 複利運用FX口座の条件
  1. 複利FX口座:貯まったスワップ金利益で新規注文できるか
  2. 複利FX口座:評価益で新規注文できるか
  3. 複利FX口座:1千通貨単位で取引できるか
  4. 複利FX口座:高金利通貨を取り扱っているか
  5. 複利FX口座:税金はどうなっているか

Copyright (C) 2009 FX口座開設して複利運用したい, All rights reserved.