FX口座開設して複利運用したい
取引システムの違いが複利運用効率に差を生む
TOP>FXを覚えたい>レバレッジを正確に理解する 
 サイトマップ

レバレッジを正確に理解する

 FXではレバレッジを理解いないと損失をだします。レバレッジは利益を何倍にもするが、損失も何倍にもします。

 「レバレッジは2倍か3倍で取引するべきだ」という意見を聞いたことがあると思います。
 FX口座のレバレッジは25倍です。
 それで、どうやってレバレッジ2倍で運用すればいいのでしょうか。


FX口座によって複利運用に差がつく
複利運用のためのFX口座
複利運用基礎講義
FX複利運用したい
FXを覚えたい
破綻しにくいFX業者の条件
複利運用FX口座の条件
FX口座開設したい
免責:FXのリスク認識

レバレッジは自分で設定するもの

 レバレッジ25倍のFX口座でも、レバレッジ2倍で取引することができます。レバレッジは自分で設定できるのです。

 初心者が間違うのは、「取引証拠金のレバレッジ」と「運用レバレッジ」は違うということを知らないからです。

 FX口座のホームページで宣伝しているレバレッジは取引証拠金のレバレッジ。
 取引証拠金とは、取引する時の必要金額です。
 米ドル1万通貨取引するときは、1ドル=100円のときなら、100万円必要です。
 それにレバレッジ25倍をかけて取引すれば4万円で取引できます。
 これが「取引証拠金のレバレッジ」です。

 一方、「運用レバレッジ」とは、元本から考えます。
 1万米ドル取引するのに100万円必要だとします。
 FX口座に100万円を入金してあります(元本)。
 この場合、レバレッジは1倍。
 実勢レート(1ドル=100円)×通貨量(1万)で、実際の取引に必要な金額(100万円)が計算されます。
 このレバレッジをかけてない実際の取引金額を、入金元本で割ったものが「運用レバレッジ」です。

 つまり、いくら入金するかによって、運用レバレッジは調節することができるのです。

レバレッジ100倍のFX口座はハイリスクか

 例えば、レバレッジ100倍のFX口座はハイリスクだと説明されますが、初心者はここで最初の間違いをします。
 ハイリスクならならやめておこうと判断するのです。
 レバレッジを理解した上での判断ならいいのですが、間違った理解で判断を下してしまうのです。

 レバレッジは自分で設定できることを理解しているなら、ハイリスクではないことはわかります。
 レバレッジ200倍だろうが400倍だろうが、最終的な「運用レバレッジ」は自分で決めればいいのですから。

 初心者は、逆にレバレッジ2倍のFX口座を開設するという最悪なことをしてしまいます。

レバレッジ2倍のFX口座は開設してはいけない

 「レバレッジ1倍や2倍の口座は外貨預金としてお使いいただけます」みたいな紹介がありますが、まったく困った説明です。
 たぶん、初心者に正確な説明をするのが面倒なのだと思います。

 スワップ金利で外貨預金的にFX口座を利用する場合、ロスカットが最大の敵になります。
 ロスカットされにくいのは
 ①レバレッジ2倍
 ②レバレッジ100倍
どちらでしょうか。

1ドル=100円のとき、50万円で1万通貨、買い
ロスカット条件は維持率50%と仮定
 取引証拠金レバレッジ  レートがいくら下がるとロスカット  口座の元本がいくらでロスカット
 ①2倍  25円  25万円
 ②100倍  50.5円  5000円

 ②レバレッジ100倍の方がロスカットされません。
 為替レートが25円下がるとロスカットされるのと、50.5円下がってロスカットされるのでは、約25円も違ってきます。

 口座の元本が評価損で減っていき
 25万円になったところでロスカットになるのと、
 5000円まで大丈夫なのでは、かなり違います。

 よって外貨預金的に活用するならレバレッジの高い100倍口座の方がよいのです。

 レートがいくら下がるとロスカットになるのか、自分で計算できる必要があります。
 ロスカットの計算ができないと、自分でレバレッジを設定することは不可能です。
 慣れてくれば、だれでも簡単にできます。
 ⇒ロスカットレート計算を知る

 FXを覚えたい 
  1. バーチャルFX(デモトレード)の登録について
  2. バーチャルFX(デモトレード)で練習しておくべきこと
  3. FX入門書の紹介
  4. レバレッジを正確に理解する
  5. ロスカットレート計算を知る
  6. ロスカットされないレートを見極める
  7. FXの見落としがちな金利変動リスク

Copyright (C) 2009 FX口座開設して複利運用したい, All rights reserved.