FX口座開設して複利運用したい
取引システムの違いが複利運用効率に差を生む
TOP>破綻しにくいFX業者の条件>FX業者で行政処分をうけたことがあるか 
 サイトマップ

FX業者で行政処分をうけたことがあるか

行政処分を受ける業者は、年々減ってきてはいますが、まだなくなることはなさそうです。
行政処分を受けたことがあるFX業者は一応避けておきましょう。
2つ目を考えている場合は、その処分内容から、まだ許せそうな業者にしておきましょう。


FX口座によって複利運用に差がつく
複利運用のためのFX口座
複利運用基礎講義
FX複利運用したい
FXを覚えたい
破綻しにくいFX業者の条件
複利運用FX口座の条件
FX口座開設したい
免責:FXのリスク認識

FX業者の行政処分

 2007年14件
 東京プリンシパル証券、Phillip Financials、リテラ・クレア証券、インタープラスト、朝日ユニバーサルFX、エース交易、DIP、エフエックス札幌、フェニックス証券、アルファエフエックス、日本ファースト証券、ユニバーサル・インベストメント、新日本通商、国泰キャピタル

 2008年9件
 東京シティ証券、ニッツウトレード、ジェイ・エヌ・エス、ユナイテッドワールド証券、ヒロセ通商、アセットカンパニー、常磐Investments、パンタ・レイ証券、サクセット

 違反の内容は様々です。

行政処分を受けると、取引にこんな支障が出る

 行政処分をうけると一定期間業務停止になります。
 その間に、不備な点を改善するわけです。

 ところで、業務停止中に、そこを利用していた投資家にはどんな影響が出るのでしょうか。
 ・新規注文ができなくなる。
 ・入金できなくなる。よって追証して担保力アップすることもできない。

 逆に出金はできるようです。

 実際にそうなったら、業者によく確認する必要があります。

行政処分を受けないFX業者を知ることはできるのか

 行政処分されない業者を知ることは難しいです。
 いつ、どのような業者が行政処分されるか予測はつきません。

 いままで行政処分されていなくても、今後もないとはいえません。
 大きな会社でも起こり得ます。

 とりあえず
  ・過去に処分されたことがない
  ・金融関係のグループ会社である
 という点を考慮して、FX口座開設するしかありません。

次⇒複利運用FX口座の条件

 破綻しにくいFX業者の条件
  1. FX業者の親会社・主要株主が信用できるか
  2. FX業者のカバー銀行が複数あるか
  3. FX口座の開設数や取引量はたくさんあるか
  4. FX業者で行政処分を受けたことがあるか

Copyright (C) 2009 FX口座開設して複利運用したい, All rights reserved.