FX口座開設して複利運用したい
取引システムの違いが複利運用効率に差を生む
TOP>FX口座によって複利運用効率に差がつく 
 サイトマップ

FX口座によって複利運用効率に差がつく

FX口座には4つのタイプがあります。どれを選ぶかによって運用成績にものすごい差が生まれる場合があります。


FX口座によって複利運用に差がつく
複利運用のためのFX口座
複利運用基礎講義
FX複利運用したい
FXを覚えたい
破綻しにくいFX業者の条件
複利運用FX口座の条件
FX口座開設したい
免責:FXのリスク認識

FX口座の4つのタイプ

  1. スワップ金利益が毎日決済される
  2. 為替差益・スワップ金利益の評価益が有効証拠金に上乗せされる
  3. 為替差益・スワップ金利益の評価益で新規注文できる
  4. 1~3のどれでもない

1.スワップ金利益が毎日決済される

 ポジションはそのままでもスワップ金利益分は毎日決済されます。
 ですからその年の課税対象になります。
 (20万円以下なら確定申告免除。地方税は申告必要)
 そのかわり、いつでも出金可能であり、出金のたびにポジションを決済する必要がありません。相場を気にすることなくいつでもスワップ金利益を使うことができます。
 スワップ派に人気のタイプです。

2.為替差益・スワップ金利益の評価益が有効証拠金に上乗せされる

 為替差益・スワップ金利益の評価損益が有効証拠金に反映されます。これは、ほとんどのFX口座で可能です(これができない口座は一つしか知りません)。
 有効証拠金が評価損で減少していくとロスカットになってしまいます。
 つまりスワップ金利益が上乗せされることによって、為替差損分をカバーできるタイプといえます。
 ただし、スワップ金利益はポジションを決済しないと出金できません。もちろん為替差益・スワップ金利益の評価益分で新規注文はだせません。

3.為替差益・スワップ金利益の評価益で新規注文できる

 為替差益・スワップ金利益が有効証拠金に上乗せされます。ここまでは「2」のタイプと同様です。
 この「3」のタイプでは、さらに、評価益分で新規注文をだすことができます。
 評価益で新規ポジションを建てていくことができるので、課税されることなく、複利運用できるタイプです。

4.1~3のどれでもないFX口座

 信じられないことに、このどれでもないFX口座が存在ます。基本的には口座開設はしないほうがよいでしょう。


FX口座 4タイプ 特徴のまとめ
FX口座タイプ  スワップ金利益非課税  スワップ金利益出金  担保力アップ 新規注文
1. スワップ金利益が毎日決済される ×
2.為替差益・スワップ金利益の評価益が有効証拠金に上乗せされる × ×
3.為替差益・スワップ金利益の評価益で新規注文できる ×
4.1~3のどれでもない × × ×

複利運用の運用率が高いタイプはどれでしょうか

 スワップ金利益分で新規注文が出せないタイプは複利運用ができません。
 よって、「2」「4」は対象外です。

 ですので「1.スワップ金利益が毎日決済される」タイプと「3.為替差益・スワップ金利益の評価益で新規注文できる」タイプで比較してみましょう。年率20%で計算してみました。

 期間
(年)
タイプ1
(万円)
 タイプ1税率
(%)
 タイプ3
(万円)
 タイプ3税率
(%)
 0元本  500.00  -  500 -
 1  580.00  20  600 -
 2  672.80  20  720  -
 3  780.44  20  864  -
 4  905.31  20  1037  -
 5  1096.22  20  1244  -
 6  1271.62  20  1493  -
 7  1475.07  20  1792  -
 8  1711.08  20  2150  -
 9  1950.64  20  2580  -
 10  2224.41  20  3096  -
 11  2580.31  20  3715  -
 12  2993.16  20  4458  -
 13  3472.06  20  5350  -
 14  4027.59  20  6420  -
 15  4672.00  20  7704  -
 16  5419.52  20  9244  -
 17  6286.64  20  11093  -
 18  7292.50  20  13312  -
 19 8459.30   20  15974  -
 20 9812.78  20  19169  -
 21 11382.82  20  23003  -
 22 13204.07  20  27603  -
 23 15316.72  20  33124  -
 24 17767.39  20  39748  -
 25 20610.17  20  47698  -
 利益(税引き後)  20610.17  - 38158.4  20

 タイプ1は金額が大きくなるほど伸び率が悪くなります。毎年税金を納めるからです。
 タイプ3は金額が大きくなればなるほど伸び率が上がります。そのため20年を過ぎてからの運用では圧倒的な差が出るのです。

 しかし最初の7年くらいまでは、どちらも大きな違いはありません。
 7年目
 タイプ1は、1475.07万円
 タイプ3は、1792万円-{(1792万円-500万円)×20%}=1533.6万円
 税引き後の利益は、ほぼ同じです。

 (2011年までは、くりっく365が税金で有利だったのですが、全ての業者が同じ課税方式なり、違いがなくなりました。)

 7年くらいまでの運用なら、タイプ1、3、どちらでもいいのですが
 それ以上の、長期運用なら、タイプ3にすべきです。

 おすすめFX業者の説明は、姉妹サイトに詳しいので、興味のある方はそちらをご覧ください。

   おすすめFX業者詳細 (姉妹サイト) 
 タイプ1 YJFX「外貨ex」GMOクリック証券FXneo
 タイプ3 外為オンラインSBI FXトレード

次のページ
複利運用のためのFX口座

口座開設関連
⇒ 破綻しない業者のFX口座とは
⇒ 複利運用FX口座とは
⇒ おすすめFX口座一覧

関連別サイト
⇒ スワップ複利運用|FX業者口座一覧

Copyright (C) 2009 FX口座開設して複利運用したい, All rights reserved.